読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黒猫 サビ猫 毎日が三拍子

人生は三拍子、ときに変拍子。

石けん

ふつうの日常

香りなんぞとうに消えた

使いふるしの石鹸のような気分のときは

むりやりにくちびるの端を持ち上げて

やんわりと笑ってみる。

不思議とこころもつられて

ふんわりと持ち上がる。

香っているか。薫っているか。

f:id:otozie:20151001230213j:plain

広告を非表示にする
otozieの最近観たビデオ